●自爪っぽく見えて、隙間なくしっかりとネイルチップを密着させるために、まずチップの付け方をお勉強しましょう●
他にもコチラで・・・
付け爪用両面テープ
をチップの裏、または直接爪に貼って下さい。
(ご自分のやりやすい方法、どちらでもかまいません)

●この時爪に油分が残っているとテープが付きませんので
ハンドクリームなどはハンドソープで落としておいて下さい。
根元から空気が入らないようにチップを貼り付けます。
付けた後はしばらく水に触れないで下さい。
両面テープは時間が経つほどにフィットしていきます。
両面テープが大きすぎる場合はハサミでカットして
調節して下さい。
●基本の付け方●
●爪のケアをしてみて下さい。
爪の生え際の甘皮があると、ネイルチップの密着度が落ちますので、押し上げておいて下さい。

●爪は短くしておいた方が裏から見た時に綺麗です。
特にチップを乗せた時に先端に隙間が空いてフィットしない場合は、爪を短くする事で解消する場合があります。

●爪に縦筋などがあって凹凸な場合はファイルで磨いて平らにしておいて下さい。

●爪に油分や汚れがあると外れやすくなってしまいます。
ネイルチップを付ける前にハンドソープで手を洗っておいて下さい。
爪にネイルチップを合わせてみて、爪の輪郭からチップがはみ出ていないかチェックして下さい。
はみ出ている場合は、その部分を
ネイルファイル(爪やすり)
で少しずつ削ります。
(裏側の削りカスもきちんと取り除いて下さいね)
自爪の輪郭と、チップの輪郭がピッタリ合えばOKです。
このひと手間でネイルチップが自爪のように自然に見えます。
粘着力が弱まっているときはつまんでそっと外して下さい。
まだしっかり付いている時は、無理に外そうとせず、指先をぬるま湯に浸して、
軽く揺すりながらそ〜っと外して下さい。
残った両面テープははがして捨てて下さいね。
グルーを使っている場合は市販のグルーオフなどでチップを溶かして外します。
(チップは溶けてしまうので使い捨てになります)
●ネイルチップのはずしかた●
●外れにくくするポイント●